黒淵の先は・・・

昨日のつづき。

三段峡は全長13キロにもなる渓谷で、途中に滝や迫力のある淵がたくさんあって
散策していてとても見応えのある景勝地です。

f0131263_835577.gif
画像はこちらからお借りしました。

黒淵は正面入り口から5分の一くらい歩いたところにあって
切り立った崖の間を渡る船が出ています。
f0131263_8381930.jpg

乗り場にはこんな看板が。
f0131263_840091.jpg
この棒を引っ張ると遠く離れたところの鈴が鳴って船が迎えに来てくれる仕組みになっています。
今日は人がたくさんいたので鳴らす必要なかったんですけど、やっぱり鳴らさずにはいられない(^^;

この船に乗るのを楽しみにしてたんですけど、
想像よりかなーり短くて(笑)、100mほど先の渡し場までのほんの数分の船旅でした。
もみじがたくさんあったので、秋に来たら綺麗だろうな~

その船の上で、衝撃の事実が発覚!

私の予定では、この後、ちょっとがんばって二段の滝まで行って、
3時半~4時くらいに出合橋というところからバスで帰るつもりでした。
この時点で1時半くらい。
船頭さんいわく、もう帰りのバスはないという(涙)
え~~~マジっすか!?(@@)

GWだからバスもいっぱいあるだろうと思ってたのが甘かった (-_-;チーン
後で見たら一日一往復しかないそうな・・・(しかも帰りのバス出発は14時)
おっちゃんいわく、朝8時に正面に到着してないと全部は見れないのだそうです。
そりゃあ無理だ。。。


がっくり肩を落としながら渡ったところにある茶屋を覗いてみると、ヤマメの水槽の横におっきなサンショウウオが!
f0131263_1154281.jpg
ヤマメと仲良く並んでいます。

それを見て、「え!これも食べるん?」 と聞いたオバカな私。
天然記念物、食べれるわけありませんっ(^^;

茶屋から、反対側の崖には吊り橋がかかっていて、先に進むにも帰るにもそこを通らないといけないのですが
(帰りも船に乗れば通らなくてもok)
その吊り橋がけっこう怖くて、いつはずれるか分からないようなぐらぐらのはめ板と、
頼りないほっそいワイヤー、定員15名の文字。
今まで通ったつり橋で一番怖かった三滝のアスレチックのつり橋を抜いたかも(笑)
さすがに写真も撮れず。。

つり橋を渡ったら、今までで一番急なアップダウンの山道を上り下りして元来た道へ。
途中でこんなことしてくつろいだり。
f0131263_11163828.jpg

また小一時間歩いてスタート地点まで戻りました。

入口付近にあった「超軟水」の湧水を飲み、入口の売店で「とち餅」を。
f0131263_11192972.jpg
おばちゃんが温め直してくれて、見た目とは違い?思いのほかおいしかったです(^^*


と、まぁ、三段峡に行ったのに肝心の滝は見れないと言う、おまぬけな旅でしたけど
景色は綺麗だったし、それなりに楽しかったのでまたいつかリベンジします♪


 広島ブログにほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドフェルトへにほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
[PR]
by macoo_s | 2013-05-08 08:40 | おでかけ


羊毛から手作りでフェルトの雑貨を制作しています。


by mako

画像一覧

カテゴリ

全体
shop情報
制作日記
教室・イベント情報
つぶおくん
家族
おでかけ
手作り
日々のこと
ガーデニング
お気に入り
猫のこと
テニス

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

画像一覧