宮崎が大変です!

いつもお世話になっているpiaceさんは、宮崎にお住まいです。
そして今、宮崎で大変問題になっている「口蹄疫」。
テレビのニュースで見て、気にはなっていたものの、
現場では想像以上に深刻な事態になっているようです。
原因不明、治療方法なしの感染症、いつ他県へも広がっていくか分からず、
決して他人事ではありません。

piaceさんのブログに載せられていた記事を以下に転載させていただきます。

≪以下mixiより転載≫

皆さんありがとうございます
昨日も20人近いマイミクさんが日記に書いてくれて1件1件お礼を言いたい所ですが、
バタバタしてて今一番ありがたいのはこの現状を知ってもらうこと
世論で政府を動かすしかもう手が無いんです

昨日日記に書いた仲間の輪による消毒剤の話も、
政府の圧力がかかり、“各県まず自分所の防疫の徹底をせよ。
宮崎は農相みずから出向き全力で対応している”
との電話があったみたいです。

消毒剤が圧倒的に足りません。
消毒剤の事は昨日書きましたが、
人手も圧倒的に足りません。
政府は“現場スタッフを国としても確保している”と発表してますが、
一昨日までの現場スタッフ350人のほとんどは県のスタッフ。
九州農政局から3人の獣医師と20人のスタッフ、追加で30人の自衛隊。
農政局の獣医師はペーパー獣医師で現場しゃまともに牛に触ることも出来ない、
追加で来た自衛隊は4日出たら2日休み実質2/3の労力。
昨日から宮崎による確保と九州各県の応援により倍の700人体勢に。
それでも殺処分対称の1割しか処分出来てません。
県も、保健所も、獣医師も、JAも、市町村も、休みなしで必死になって頑張ってます。
保健所の友人はGWどころか、発生からずっと休み無し、6~21時の重労働。
爪は割れ、消毒剤で手の皮膚が爛れ…、それでも必死になって戦ってます。
マイミクさんの旦那さんも新婚、子供が産まれて初めてのGWも休み無しで頑張ってくれてます。
ホントに感謝しています。

それでも全然処分が追い付かないんです。
今、処分対称の10万頭のうち、20日間で処分が終わったのは1万頭にも届きません。
今1日の処分頭数が千頭。毎日発症する頭数の方が圧倒的に多いんです。
感染した牛は毎日10億個、豚は5兆個のウイルスを撒き散らします。感染拡大が止まりません。

4月末に発症した友人の農場では、今のペースでは5月内に処分出来るかどうかと言った所です。
全て殺されてしまう。それでも弱れば排出するウイルスが増える。
だから、殺されるのがわかってても、毎日餌をやり、ビタミンをやり、
あらゆる手を尽くして少しでも牛を健康に保とうとしてます。
でも、農場全ての牛に広がり、弱い子牛から次々に弱り、死んでいきます。
死んでも処理業者も出入りできないため、死体の上に大量の石灰を乗せても、
腐敗し異臭を放ち始め、それでも親牛は自分の子を一生懸命舐め、
石灰を落とそうとします。
消毒剤の不足から、本来は牛に使わないような強い薬を大量に毎日浴びせられ、
牛は毛が抜けぼろぼろになっていきます。
そんな中で、自分の家族同然の牛を殺す事も出来ず、飼い続けなければならないんです。

また、保健所や獣医師が殺処分現場に集中せざるを得ず、発症が疑われる農場の検査も出来ず、
テレビや報道では50件80000頭となっていますが、
俺が把握してるだけで発症の疑いがあり検査待ちの所があと40農場あります。
とにかく人手が足りないんです。

もう殺処分が追い付かないんです。首相が激甚災害に認定し、自衛隊を出さない限り、
拡大は収まりません。
「その必要があるかどうかを関係閣僚と話し合い、必要とあれば検討する」とか
言ってる場合じゃないんです!!

ワクチンと言う手も有りますが、現行の法律では使えず、
しかも大臣は「参院選後の国会で立案立法を…」
とか言ってますが、
その頃には国内の牛・豚・山羊・羊・鹿・猪…等の偶蹄類はいなくなってるでしょう。

皆さんにお願いです。
とにかく、今、宮崎で大変な事が起こってると言うことを、多くの人に伝えて下さい。
もう世論で政府を動かすしか方法がないんです。

資材機材も、人手も、予算も…
もう国に頼るしかないんです。
よろしくお願いします。

≪転載終了≫


一人でも多くの方に、この現状を知っていただき、
少しでも宮崎の方々のお力になればと思い、転載させていただきました。
[PR]
by macoo_s | 2010-05-14 00:25 | 日々のこと | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://macoos.exblog.jp/tb/13700502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バーガー母ちゃん at 2010-05-14 08:32 x
テレビのニュースでは見ましたが こんなに大変な状況だとは…
なかなか現場の声は 届かないんですね
政治家は きれいごとばかり言って 本気で何とかしようと思ってるのか…疑問です
Commented by あらし at 2010-05-14 10:39 x
口蹄疫、ほんとうに大変な事になってますね。
わたしもtwitterで回覧だしてますが(http://twitter.com/ara_nami)全国放送のニュースで深刻にやらない限り、みなさんが口蹄疫に向きあうことは難しいと思います。
わたしも微力ながらふるさと納税で寄付をしましたが、宮崎が県として専用の義援金募集が設立されたようなので、blogで紹介したいです。
いままではふるさと納税や酪農組合などのバラバラな体制だったので、寄付しやすくなったと思います。
国自体が仮払いといわず全力で取り組まないと・・・。

長文失礼しました。
Commented by piace at 2010-05-14 13:33 x
転載ありがとうございます。
毎日感染した牛が増え殺処分されていきます。
でも今はその処分が多すぎて進まず、感染が広がっている状態です。
今日のブログにも記事を載せていますのでまたご覧になってください。
よろしくお願いします。

http://blog.piace-cuore.com/
Commented by macoo_s at 2010-05-15 00:02
>バーガー母ちゃんさま
報道が少なすぎますよね。
普天間の問題ももちろん大事なことですが、この口蹄疫の問題も
もっと大きく取り上げるべきですね。

この問題に限らず、マスコミが東京に集中しているせいか、
東京から離れたところの問題はあまり大きく取り上げられない傾向にありますよね。
きっとこれが茨城とか山形とかだったら違ったのかなと思います。

この声を広げていくことぐらいしかできないのですが、なんとか一日も早く事態がよい方向に向かうよう祈るばかりです。
Commented by macoo_s at 2010-05-15 00:27
>あらしさんへ
貴重な情報ありがとうございます。
あらしさんもブログでたくさんの情報を公開されていますね。
小さな力が集まって大きな力になるといいのですが。。
こういう時、ネットのいい面が働いてくれるといいですね。
Commented by macoo_s at 2010-05-15 00:38
>piaceさん
きっと地元の方が毎日、目や耳にする情報量と
私たちに入ってくる情報の量は雲泥の差があるんでしょうね。
ここまで広がったのはやっぱり対応が遅れたことが最大の理由なんでしょうか。
国がすべて保障するとは言っても、また一から農場を建てなおすことは不可能に等しいのではないかと思います。
宮崎県の大きな産業が失われると言ってもいいくらいの大きな被害、なんとか一日も早く食い止めることができるよう国が動いて欲しいですね。
Commented by h-amuse at 2010-05-15 01:38
ここまで大変なことになっているとは・・・・・
やはり少しでも多くの人に伝えて
これからの対策を考えるべきだと思います
のんきに過ごしていると広がるばかり
これ以上酪農家の皆さんや
関係者の負担が増えないようにして欲しいですね
Commented by so1solt71121 at 2010-05-15 11:03
こんな、深刻な状態だなんて知らなかったです><
去年の新型インフルエンザとは報道がえらい違いです。
あれは世界規模でヒトが対象だったというのもあるかもしれませんが
飼育や作業、ましてや食べるのは結局人間なのに・・・
大きなニュースがなくなったら一斉に取り上げるのでしょうか。
ちゃんとした対応が一刻も早く宮崎に届きますよう祈ってます。
yuko
Commented by macoo_s at 2010-05-16 07:38
>h-amseさん
私もここまでひどいとは知らなかったので、piaceさんでこの記事を読んだ時は驚きました。
なぜ報道が少ないのか???不思議でなりません。
人が食べても被害がないから??
いつどこでまた発症するかも分からないのに。
日本中でおきたら国産の肉が食べられなくなってしまうかもしれないのに。
鳥インフルエンザの時と比べてもおかしいと思いますよね。
Commented by macoo_s at 2010-05-16 07:53
>yukoさん
新型インフルエンザの時は過剰ともいえるくらいでしたよね。
狂牛病の時もすごかったし、この差は何なのかと思ってしまいます。
少しずつ改善されているようですが、もっと早く対応できていればここまで広がらずに済んだのかも知れません。
牧場を閉鎖された農家の方への対応も今後どうなっていくのか、関心をもっていたいですね。


羊毛から手作りでフェルトの雑貨を制作しています。


by mako

画像一覧

カテゴリ

全体
shop情報
制作日記
教室・イベント情報
つぶおくん
家族
おでかけ
手作り
日々のこと
ガーデニング
お気に入り
猫のこと
テニス

最新のコメント

> 緩和ケア薬剤師さん ..
by macoo_s at 23:15
やっとで最終日にお伺いで..
by 緩和ケア薬剤師 at 08:42
taeneeさん、こんば..
by macoo_s at 22:46
こんにちは。 四国旅を..
by taenee at 16:08
macoo_s様 突然の..
by ReArt Owns at 20:11
お返事が大変遅くなってす..
by macoo_s at 10:19

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ブログパーツ

ブログジャンル

日々の出来事
ハンドメイド

画像一覧